普段の姿勢が肩こりの原因

皆さん、こんにちは!

アネシス整骨院です!!

皆さんは普段の姿勢が腰痛や肩こりだけでなく、他の体の部分にも大きな影響を及ぼすことはご存じですか?
通常、人間の姿勢は耳・方・骨盤・足のくるぶしが一直線上に並んだ状態が正常な姿勢とされています。しかし、反り腰や猫背などの姿勢の歪みがあるとその分筋肉にかかる負担h増えてしまい、何もしていなくても普段から筋肉が緊張しやすい状態というものができてしまいます。
さらにその状態を、気が付かなかったりあるいは無視してしまうと筋肉がどんどん固くなってしまうため、筋肉に付着している神経が圧迫されて痛みやだるさなどの症状を引き起こします。今や現代病ともいわれている肩こりや首の凝り、腰痛などもほとんどはこれが原因といわれております。
また、固くなった筋肉というのはその分柔軟性や伸縮性もなくなってきてしまうため、関節の可動域を狭めてしまいほかの部分の関節や筋肉にも負担をかけやすくなってしまいます。
例えば、ゴルフや野球のプレイヤーがなることが多い肘関節内側上顆炎(ゴルフ肘・野球肘)や、テニスでバックハンドによるスイングを多用するとなりやすい肘関節外側上顆炎(テニス肘)など…これらは通常、腕の使い過ぎが原因で肘にある筋肉の付着部に負担をかけてしまい炎症を引き起こすという疾患なのです。
しかし、普段から猫背や反り腰があると肩が知らず知らずのうちに前によって行ってしまう、巻き肩と呼ばれる状態になります。この状態になると、肩甲骨の周囲や胸の前側などの筋肉が緊張により固くなってしまうため、挙手の動作や肩を後ろに引いたりなどの肩の動き全般が制限されてしまいます。
そして、その状態で普段通りに腕を動かそうとすると肩が動かない分肘から先の筋肉を使うようになり、結果前腕への負担が普段よりも強くなってしまいます。
これにより、スポーツや仕事、日々の日常生活で普段通りに動かしているはずなのに、いつの間にか肘の内側・外側上顆炎を起こすことがあります。また、指の使い過ぎによっておこるばね指なども、同様の理由から起こることがあります。
普段、自分の姿勢が悪いと感じたり、他の人からそう指摘されたことがある方、肩こりや腰痛を普段から繰り返している方、この記事を読んで心当たりのある方はぜひ当院にお任せください!!

今回お伝えする内容は以上になります。

あなたのお悩み聞かせてください。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

👉膝痛HP

https://anesis-kotsuban.com/hiza/

 

👉坐骨神経痛HP

https://anesis-kotsuban.com/zakotsu/

 

👉Instagram『アネシス整骨院』

https://www.instagram.com/anesisu0118/

 

👉Twitter 『アネシス整骨院』

https://mobile.twitter.com/anesisu__daimon

 

👉Facebook 『アネシス整骨院』

https://www.facebook.com/pages/category/Medical―Health/%E3%82%A2%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%82%B9%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-971280389928192/

 

________________________________________

 

『アネシス整骨院』

 

・住所:東京都港区芝大門1-15-10吉實ビル3階

・浜松町駅 北口から徒歩3分

・大門駅 A6出口から徒歩1分

 

◎女性院長のため女性の方もご安心ください

 

IMG_0983-2-1024x753.jpg

 

営業時間:9:00-21:00 (完全予約制)

 

不定休(休日や営業状況は直接お問い合わせください。)

 

◦電話番号:03-3433-5406

◦LINE@:https://lin.ee/n0u8Ird

 

お着替えのご準備もございます(Tシャツ・ハーフパンツ)

ご希望の方はお申し付けください(^^)

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です