膝が痛くなる原因とは 膝が痛くても膝だけを見るわけではない理由を解説

膝痛

みなさん、こんにちは。

アネシス整骨院 副院長の飯髙です(^^)

 

________________________________________

 

目次

 

1膝の痛みは膝だけではなく、骨盤や股関節、足首なども悪くなっている

 

2膝痛でよく言われる原因について

 

3膝の構造

 

4なぜ股関節と足首が悪くなると膝が痛むのか

 

________________________________________

 

1膝の痛みは膝だけではなく、骨盤や股関節、足首なども悪くなっている

 

「え、嘘でしょ?」

「そしたら、私(俺)の足って全部が悪いの!?」

 

って思ってしまいますよね。

このブログを読んでくれている方は「膝に違和感や痛みを感じてはいるが、何が原因なのか分からない

といった方が多いと思います。

 

2膝痛でよく言われる原因について

 

①「変形性膝関節症って言われた」

②「運動不足で筋肉がないから」

③「体重が重くて膝に負担がかかってる」

 

今までに、こんなこと言われませんでしたか?

 

もちろん、変形性膝関節症や、支える筋肉が少なかったり、体重が重ければ、痛みを生じやすくなります。

 

ですが、膝の痛みはこれだけで出るわけじゃありません。

 

①変形性膝関節症って言われたあなた

 

同じく変形性膝関節症と診断された方でも手術も薬の服用なども何もせず、痛みのない生活を送っている方もたくさんいらっしゃいます。

 

②筋肉が少ないから痛みが出ると言われたそこのあなた

 

年を重ねれば、それに比例して筋肉も減っていきますが、ご年配の方はみんな膝を痛めていますか?

いいえ、そんなことはありません。

 

③体重が重いから負担がかかって痛いんだ

と言われたそこのあなた

 

そうなるとお相撲さんはみんな歩けないくらい膝が痛くなってしまいます。

 

ここまで見てくれた方には大事なことなのでもう一度言います。

 

『膝が痛いのは膝だけのせいではありません』

 

3膝の構造

 

ここでは膝がどのようにできているのか見ていきましょう。

 

6A308B81-E196-482A-B788-7EDBAD186FE6.jpg

 

上の図にあるように、大腿骨(だいたいこつ)という太ももの骨が、脛骨(けいこつ)というふくらはぎの骨の上に乗っかっています。

 

今回はこの2つの骨だけ分かれば大丈夫です👌

 

4なぜ股関節と足首が悪くなると膝が痛むのか

 

大腿骨と脛骨がぶつかる場所が膝関節です。

 

みなさんは膝が痛くなると、このぶつかっている所にしか目が行かなくなりますが、大腿骨と脛骨を上下に辿っていくと、股関節と足首にぶつかります。

 

股関節と膝関節では、

関節と関節の間が「大腿骨」

 

足首と膝関節では、

関節と関節の間が「脛骨」

 

このように、1つの骨が2つの関節の役割を担っているんです。

 

つまり、1つの骨のどちらか一方の関節の動きが悪くなると、もう片方の関節が、動きの悪い関節の分まで頑張るようになってしまいます。

 

おそらく多くの方は歩く際に、股関節と足首が大きく動くのに対して、膝はあまり大きくは動かさずどちらかと言うと固定して歩くと思います。

 

ですが、股関節と足首の動きが悪くなると

 

52FEB30F-36C3-4F84-9255-C0C7EDCEC74F.jpg